乳がん治療[評判・口コミ・情報]

乳がん手術件数

乳がんは「手術自体は難しくない」というのが外科医の共通認識。

乳房は、心臓や脳と違って微妙なメスさばきで命を落とすことがないから。

そのため手術件数の多さは、医師の技量の指標ではなく、総合力をはかる基本指標と考えたい。

乳がんの専門スタッフの充実度と見ることもできる。

乳房同時再建数

乳房の再建手術は乳がん手術と一緒に行なう「同時再建」と手術後に時間をおいて行なう「二期再建」がある。

同時再建の場合、手術と入院が一度で済むので、時間も費用も抑えられ、乳房を失う喪失感も感じないで済むが、乳房再建を行なう形成外科医は少なく、ガンが予想より広がっていて計画通りに行かない場合も。

二期再建は計画も立てやすく、形の美しい乳房を作りやすい。

乳がん手術前化学療法

乳がん手術の前に抗がん剤で乳房のしこりを小さくし、手術範囲を狭め、より美しく乳房を残そうという治療方法。

がんの病巣が大きすぎて、温存が難しかったケースでも、術前化学療法で温存が可能になる場合もある。

山梨



乳がんトップへ